So-net無料ブログ作成
検索選択

図らずも玄米生活 [食/料理/家事]

昨年末にササニシキを試してみた
その時は間違えて普通の精米を購入してしまった。
とてもおいしくいただいたのだが
冬場ということもあって研ぐ手も冷たい。
その次は無洗米で しかも一旦別の銘柄にしてみた。
※ササニシキって本当においしかったのか確認の意味も込めて

するとなんだかササニシキほどの感動がなかったので
やっぱりササニシキに戻そうと思った。
でも流通量が少ないせいか無洗米は他の銘柄米より若干割高。

そんな中で玄米から白米、無洗米まで精米を選べて
量は多いけどその分 割安なササニシキを見つけた。
相場よりも若干安めだと思う。



(業者から購入しましたが上記は直販のようです。三浦農園さんなので同じ物だと思います)


それが3月。

今回も他を探してみたけどやっぱり三浦農園さんのお米が安い。
ふたたび業者経由でお世話になった。

届いた段ボールを開け
今までは全く気にしなかったのだが
最近レビューなど見ると精米日にやたらこだわってる方をよく見かけたので
なんとなく精米日を確認してみた。
といって多少古かろうと全然気にしないのだが、、、

ところが精米日の欄が空白だった。
 あれ?なんで?
記載無かったのかと前の米袋見るとちゃんと書いてある。
 まぁたまたまかな?
と袋を開けると

 あれ?コメが茶色いぞ!なんだこれー?痛んでるー!

再び精米日の欄近くを見ると
「玄米」の文字。。。

そうか。精米選び忘れたか、、、


履歴から購入すれば多分同じ「無洗米」が選ばれていただろうが
お店のページから再度選んだので新規の発注となってしまった。
その際に精米の度合いを選び忘れてしまったのだ。




無洗米でない精米なら研げばいいことだけど
玄米など今まで買ったことなど無い。

もちろん精米機なんて持ってるわけないし
近所にコイン精米機があるかどうかも分からない。
あったとしても10kgを かついで行ける距離にはあるとは思えない。
(ちょっと前は近所にお米屋さんあったんだけど廃業しちゃったからなー)

実家には精米機あるはずだけど
10kgを宅配便で送ってまた送り返してもらうのもなんだかバカバカしく感じた。


しかし玄米だからと言って食べられないものというわけではない。


確か多少面倒なことと 炊きあがりや食感が異なる程度の違いのはず。
栄養価も高いそうだし これはせっかくのいい機会かもしれないのでWebを探ってみた。
[玄米 炊き方]で。




炊飯器でも玄米モードがあれば簡単に炊けるようだし
圧力鍋はオススメらしい。

とりあえずお気楽な炊飯器がいいと思ったけど
うちの炊飯器に「玄米」という文字は無かった。


では圧力鍋で。。。

そういえば圧力鍋付属のレシピにご飯の炊き方も書いてあった。
それを見て炊いてみることにした。




お米を洗うのもゴミや汚れを落とす程度で
そんなにガンガンにやらなくてもいいらしい。

そこで思った。
米研ぎ(洗米)に関しては無洗米と変わんないな。


炊き方も白米の時は高圧5分加熱のところが30分と長くなるだけで変わらない。


蒸らしも含めて1時間程度経って圧力鍋を開けると
キレイに炊けていた。


無洗米や精米の時でも困った焦げ付きも無いようだし
かわりに「おこげ」の具合がちょうど良さそうだった。




食してみても
プチプチいって白米よりは堅めだけど
どうしようもないほどの堅さではない。
心地よい堅めのご飯。
どこかに書いてあったけど おこわ と同じ感覚。

それに多少の堅さは咀嚼力がついていいかも?

匂いもあるけど 別に毛嫌いするほどでもない。
そんなものだ。と思える程度。

難点は籾殻が残っていてそれが気になること。
(この件に関してはまた別の機会に…)


でもおおむね問題はない。
図らずも楽しく玄米食が出来そうだと思った。



ただふと思ったのは
ササニシキじゃ無くてもいいんじゃ。。。?[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: